設立・沿革

設立・目的

外観

浜松市楽器博物館は、1981年より浜松市が進める「音楽のまちづくり」の一環として1995年4月に設立された我が国初の公立楽器博物館で、博物館法に定める博物館相当施設です。

世界全域の楽器と楽器に関する資料を収集・保存し、調査・研究をおこない、世界の楽器を偏りなく同じ目線で平等に展示し、さまざまな活動を通して、楽器や音楽とその文化についての、人々の認識と理解を深めることを目的としています。

コレクション

楽器実物資料3300点(ヨーロッパ1750点、アジア630点、オセアニア160点、アフリカ230点、アメリカ200点、日本330点)、楽譜・絵画・彫刻等楽器外資料150点、和書・洋書等図書資料8500点、CD・ビデオテープ等視聴覚資料2000点を所蔵しています。

利用者

入館者数は2011年度81,371人、2012年度88,591人 2013年度87,898人です。そのうち約7~8割は市外からの入館者と推測され、浜松市楽器博物館が、全国的な博物館であることを示しています。またコンサートや講座、移動博物館など各種事業への参加者は年間20,000人に及び、それをあわせると博物館の利用者数は年間100,000人となります。1995年4月開館時からの累計入館者数は2014年3月末で1,627,581人です。

沿革

1995年(平成7年)

4月 浜松市楽器博物館落成式
11月 入館者10万人達成、楽器博物館だより創刊

1996年(平成8年)

9月 アジア・アフリカ展示室公開

1997年(平成9年)

4月 展示室ガイドツアー開始

1998年(平成10年)

3月 入館者30万人達成

1999年(平成11年)

12月 パソコン楽器ミュージアムとホームページ公開

2000年(平成12年)

5月 市内小学校への移動楽器博物館開始
7月 開館5周年記念特別展「楽器誕生!」、ミュージアムコンサート「きよらかに・さわやかに」
8月 入館者50万人達成

2001年(平成13年)

9月 収蔵品ジャワ・ガムランを使用して初の実技ワークショップ

2002年(平成14年)

4月 友の会設立
12月 ホームページリニューアル公開

2003年(平成15年)

3月 特別展「楽器と20世紀~夢と憧れ・創造と亡失~」
6月 入館者70万人達成

2004年(平成16年)

8月 入館者80万人達成

2005年(平成17年)

6月 展示増床リニューアル工事開始

2006年(平成18年)

3月 展示増床リニューアルオープン
7月 特別展「弦楽器の名器たち~大阪音楽大学サントリー弦楽器コレクション展~」

2007年(平成19年)

1月 入館者100万人達成
12月 浜松市政令指定都市移行記念第73回レクチャーコンサート「18世紀ヴェルサイユ・クラヴサン音楽の美の世界」

2008年(平成20年)

9月 イヴニングサロン開始

2009年(平成21年)

2月 入館者120万人達成

2010年(平成22年)

7月 特別展「バンジョー大博覧会」
8月 開館15周年記念企画「親指ピアノ・フェスティヴァル」
10月 開館15周年記念企画「電子チェンバロ・ミニコンサート~電子楽器の未来を探る~」
12月 開館15周年記念レクチャーコンサート「19世紀のフォルテピアノと弦楽による室内楽の極み」

2011年(平成23年)

8月 特別企画「バグパイプ博覧会」
8月 特別展「人形たちのシンフォニー」

2012年(平成24年)

8月 特別展「埋もれた楽器たち~古代への音浪漫~」
9月 入館者150万人達成
11月 特別展「楽器というデザイン」

2013年(平成25年)

1月 コレクションシリーズCD.No38「イギリス・ソナタ~ブロードウッドピアノ・新世紀の響き」が文化庁芸術祭レコード部門大賞受賞
8月 東京特別展覧会「むかしむかしの素敵なピアノ」
11月 入館者160万人達成

2014年(平成26年)

3月 ギャラリートーク開始
4月 企画展「切手に見る楽器たち」
8月 ホームページリニューアル公開
8月 特別展「風に歌う、風に響く~バグパイプの世界~」
お問合せ 住所

〒430-7790
静岡県浜松市中区中央
3-9-1

電話

053-451-1128

FAX

053-451-1129

お問合せフォーム
浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。