講座「楽器の中の聖と俗」(3/2)

詳細

講座「楽器の中の聖と俗」

2019年3月2日(土)13:30~
 第2回「琉球王朝の新春 朝拝御規式(ちょうはいおきしき)」

毎年正月、沖縄の首里城では琉球王朝時代に国を挙げて新春を祝った「朝拝御規式」と呼ばれる儀式が再現される。開門と同時に始まる宮廷音楽「御座楽(うざがく)」の演奏を皮切りに、新年を寿ぐ「子之方御拝(にぬふぁぬうぬふぁー)」の儀、王朝の益々の繁栄を願う「朝之御拝(ちょうぬうぬふぁー)」の儀と続き、最後には名酒「泡盛」が居並ぶ諸臣に振る舞われてこの儀式が終わる。
(台風の接近に伴い中止いたしました2018年9月30日の講座と同じ内容です)

開催概要

 会 場:アクトシティ浜松 研修交流センター401会議室
 対 象:高校生以上 100人(先着順)
 受講料:各回1,000円
 申込み:浜松市楽器博物館へ電話でお申し込みください。(TEL.053-451-1128)

講師

西岡信雄(にしおかのぶお/大阪音楽大学名誉教授・浜松市楽器博物館名誉館長)

 大阪音楽大学名誉教授。音楽人類学の研究者として世界各地でフィールドワークを行いながら執筆・講演活動を続ける。1996年から13年間同大学理事長、98年から8年間同大学学長を務めた。現在は、(財)音楽文化創造理事、浜松市楽器博物館名誉館長、(社)大阪フィルハーモニー協会理事など を務める。著書に『地球の音楽誌』(大修館書店)、『楽器からのメッセージ』(音楽之友社)、『人と神と音』(ミュージックトレード社) など。ほかに訳書多数。

子どもワークショップ「小さな尺八“一節切(ひとよぎり)”を作って演奏しよう」

詳細

子どもワークショップ
「小さな尺八“一節切(ひとよぎり)”を作って演奏しよう」

一節切(ひとよぎり)とは、その名が示すように、節が一つだけの小さな尺八。数百年前から武家や上流階級の嗜みとして愛好されました。有名な一休さんも演奏した笛です。このワークショップでは、竹筒から一節切を作り演奏してみましょう。
(台風の接近に伴い中止いたしました2018年7月28日のワークショップと同じ内容です)

日  時:2019年2月10日(日)13:30~16:00
会  場:アクトシティ浜松研修交流センター
参 加 費:500円(要電話申込)
    ★予約受付中
講  師:相良保之(尺八奏者/一節切研究者)
対  象:小学3~6年生
定  員:15名(先着順)
主  催:浜松市楽器博物館、公益財団法人浜松市文化振興財団

親子ワークショップ「羊毛フェルトで楽器の絵を描こう!」

詳細

【下記ワークショップの募集は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました。】

親子ワークショップ
「羊毛フェルトで楽器の絵を描こう!」

色とりどりのきれいなフェルトを使って、楽器博物館にある楽器の絵を親子で作ります。フェルトの絵なので、ホワホワ感があって、優しくてあったかいステキな絵ができます。額に入れてお家に飾ってみましょう!

日  時:2018年10月28日(日)13:30~16:30
会  場:アクトシティ浜松研修交流センター
参 加 費:500円(こども1人につき)
講  師:安岡真理(静岡市美術館学芸員)
     太田紗世(静岡市美術館学芸員)
対  象:小学生の親子10組(20人)※先着順
     ※親子2人での参加です。未就学児の同伴や付添の見学はできません。
     ※親1人と小学生2人の参加をご希望の場合は、お電話にてご相談ください。
申  込:お電話で楽器博物館へお申し込みください TEL.053-451-1128
主  催:浜松市楽器博物館、公益財団法人浜松市文化振興財団
協  力:静岡市美術館

講座「楽器の中の聖と俗」(全2回 9/23、9/30)

詳細

講座「楽器の中の聖と俗」

2018年9月23日(日)13:30~
第1回「奥美濃に残る武将の舞い 嘉喜踊り/谷汲踊り(かぎおどり/たにぐみおどり)」

平野の多い美濃の国の中でも特に山深い地域を先人は奥美濃と呼んだ。関ケ原の戦いの舞台にも近い。今回は岐阜県内の芸能の中から武士の凱旋舞踊が源流ではないかと考えられる白鳥町の嘉喜踊りと揖斐川町の谷汲踊りの2つを取り上げ、派手なしないを背に勇壮に舞い踊る太鼓打ちの姿を紹介する。

台風の接近に伴い、9月30日の講座は中止します
2018年9月30日(日)13:30~
第2回「琉球王朝の新春 朝拝御規式(ちょうはいおきしき)」

毎年正月、沖縄の首里城では琉球王朝時代に国を挙げて新春を祝った「朝拝御規式」と呼ばれる儀式が再現される。開門と同時に始まる宮廷音楽「御座楽(うざがく)」の演奏を皮切りに、新年を寿ぐ「子之方御拝(にぬふぁぬうぬふぁー)」の儀、王朝の益々の繁栄を願う「朝之御拝(ちょうぬうぬふぁー)」の儀と続き、最後には名酒「泡盛」が居並ぶ諸臣に振る舞われてこの儀式が終わる。

開催概要

会 場:アクトシティ浜松 研修交流センター401会議室
対 象:高校生以上 100人(先着順)
受講料:各回1,000円
申込み:浜松市楽器博物館へ電話でお申し込みください。(TEL.053-451-1128)

講師

西岡信雄(にしおかのぶお/大阪音楽大学名誉教授・浜松市楽器博物館名誉館長)

 大阪音楽大学名誉教授。音楽人類学の研究者として世界各地でフィールドワークを行いながら執筆・講演活動を続ける。1996年から13年間同大学理事長、98年から8年間同大学学長を務めた。現在は、(財) 音楽文化創造理事、浜松市楽器博物館名誉館長、(社)大阪フィルハーモニー協会理事など を務める。著書に『地球の音楽誌』(大修館書店)、『楽器からのメッセージ』(音楽之友社)、『人と神と音』(ミュージックトレード社) など。ほかに訳書多数。

館長対談~この人に聴く~

詳細

館長対談~この人に聴く~

各界でご活躍の専門家と楽器博物館長によるアットホームな、楽器と音楽文化のよもやま話をお届けします。

各回共通事項:
時 間:14:00~15:00
会 場:展示室内 天空ホール(入館者はどなたでもお聴きいただけます)

2018年8月4日(土)
「ガーン!と仰天、浜松まつりのラッパ」
ゲスト:奥中 康人(静岡文化芸術大学芸術文化学科教授)
浜松市の、ラッパを吹く市民の多さは世界レベル!?
「音楽のまち・浜松」のもう一つの側面である「ラッパ文化」を紹介します。

2018年8月8日(水)
「バリから学ぶ芸能の未来」
ゲスト:梅田 英春(静岡文化芸術大学芸術文化学科教授)
インドネシアのガムランは、今や国を越境して世界に広がり、新しい音楽的な展開をしています。
そんな様子や今後の可能性についてお話します。

2018年8月11日(土)
「人生はテルミンとともに」
ゲスト:竹内 正実(テルミン演奏家)
ロシアで生まれた世界初の電子楽器テルミン。その演奏と研究の日本でのパイオニアが、脳梗塞に倒れながらも奇跡的に復活し、テルミンにかけた音楽人生を語ります。
※当日はテルミン体験コーナーを開設します。

2018年8月26日(日)
「ムビラに魅せられて」
ゲスト:スミ・マズィタテグル(ムビラ演奏家)
アフリカ・ショナ民族が精霊に祈るための楽器"ムビラ"。
現地の雨ごい儀式などでもムビラを演奏する日本人スミがアフリカの文化を紹介します。

ワークショップ「インドネシアの伝統芸能体験~影絵・ガムラン・宮廷舞踊~」

詳細

ふじのくに子ども芸術大学講座 ワークショップ
「インドネシアの伝統芸能体験~影絵・ガムラン・宮廷舞踊~」

赤道直下の大国インドネシアの中部ジャワ地方に伝わる3つの素敵な芸術を体験します。
1つめは、ユネスコ世界無形文化遺産の影絵人形芝居「ワヤン・クリ」。人形をボール紙で作り、実際に影絵芝居をします。
2つめは青銅打楽器アンサンブル「ガムラン」。10種類以上の楽器をすべて体験して合奏する、超気持ちいい音空間です。
3つめは、宮廷に伝わる踊り。とても優雅で、気分はお姫様と王子様!
(それぞれ別々のワークショップA・B・Cとして募集します)

日  時:2018年10月14日(日)10:00~16:30
      A.影絵人形作り 10:00~12:30
      B.ガムラン   13:30~14:30
      C.宮廷舞踊   15:00~16:30
会  場:アクトシティ浜松研修交流センター
参 加 費:各500円(要申込/申込方法は下記をご確認ください)
申込期間:2018年7月15日(日)~9月15日(土)
終了しました。
講  師:インドネシア伝統芸能団ハナジョス(ローフィット・イブラヒム、佐々木宏実)、西岡美緒
対  象:A.影絵人形作り 小学1~6年生(低学年は保護者同伴可)
     B.ガムラン   小学3~6年生
     C.宮廷舞踊   小学3~6年生
定  員:A.影絵人形作り 20名(応募多数の場合は抽選)
     B.ガムラン   20名(応募多数の場合は抽選)
     C.宮廷舞踊   20名(応募多数の場合は抽選)
主  催:浜松市楽器博物館、公益財団法人浜松市文化振興財団、ふじのくに子ども芸術大学実行委員会

ふじのくに子ども芸術大学講座

 

★申込方法

応募は、下記①~③のいずれかで申し込んでください。
問い合わせフォーム(メールアドレスをお持ちの方)→メッセージ本文に下記情報をご記入ください。
②電話(053-451-1128)
③FAX(053-451-1129)

応募の際は、氏名・学年・住所・電話番号・A.影絵人形作り、B.ガムラン、C.宮廷舞踊の、どちらのワークショップを受講したいかお伝え(または明記して)ください。
一人で複数講座の申込も可能ですが、抽選はA・B・C各部門ごとに行います。
問い合わせフォーム(https://gakkihaku.securesite.jp/others/contact/)からお申込みされた方には、後日返信をお送りいたしますので、返信用メールアドレスを必ずご記入ください。

1週間経っても返信がない場合は、フォームからの送信が楽器博物館に届いていない、もしくは返信メールを受信できない設定になっている可能性がございますので、お手数ですがお電話にて再度ご連絡ください。

 

【開催中止】子どもワークショップ「小さな尺八“一節切(ひとよぎり)”を作って演奏しよう」

詳細

【当ワークショップは、台風の影響により中止いたします】

 

子どもワークショップ

「小さな尺八“一節切(ひとよぎり)”を作って演奏しよう」

一節切(ひとよぎり)とは、その名が示すように、節が一つだけの小さな尺八。数百年前から武家や上流階級の嗜みとして愛好されました。有名な一休さんも演奏した笛です。このワークショップでは、竹筒から一節切を作り演奏してみましょう。


日  時:2018年7月28日(土)13:30~16:00
会  場:アクトシティ浜松研修交流センター
参 加 費:500円(要電話申込)
    ★2018年5月28日(月)より予約受付開始
講  師:相良保之(尺八奏者/一節切研究者)
対  象:小学3~6年生
定  員:15名(先着順)
主  催:浜松市楽器博物館、公益財団法人浜松市文化振興財団

足踏みリードオルガンDAY

詳細

足踏みリードオルガンDAY

浜松市楽器博物館・日本リードオルガン協会共催事業
日本リードオルガン協会第23回浜松大会公開イベント

 

明治150年記念コンサート 「足踏みリードオルガンの魅力~児童合唱とともに~」

日 時:2018年6月9日(土) 15:00~16:30
入場料:無料 要申込(150名)
 ※お申し込みは4月15日(日)から、お電話で楽器博物館(053-451-1128)までどうぞ
 ※未就学児の同伴も可能です。
会 場:アクトシティ浜松研修交流センター 音楽工房ホール
出 演:
 浜松ライオネット児童合唱団(児童合唱)
 初村則子(児童合唱指揮)
 日本リードオルガン協会会員(オルガン・歌)

キリスト教会讃美歌の清らかな調べ、
ヨーロッパ・クラシック音楽の荘厳な響き、
そして日本の小学唱歌に流れる永遠の抒情。
明治の世に、浜松製の足踏みリードオルガンは日本全国の学校に普及し、子どもたちの歌の伴奏で活躍しました。オルガンがあったからこそ、私たちは西洋のメロディに日本語の歌をのせて、新しい時代を創っていきました。そしてその歌は、やがて日本人共通の宝となりました。
明治150年の今年、浜松で足踏みリードオルガンの温かな音色に包まれて、クラシックの独奏曲や賛美歌を、そして地元の児童合唱団とともに小学唱歌の名曲を楽しみましょう。

 

中はどうなっているの?「リードオルガン解体ショー」

日 時:2018年6月9日(土) 13:00~14:15
入場料:無料 要申込(150名)
 ※お申し込みは4月15日(日)から、お電話で楽器博物館(053-451-1128)までどうぞ。
 ※未就学児の同伴も可能です。
会 場:アクトシティ浜松研修交流センター 音楽工房ホール

足踏みリードオルガンの中はいったいどうなっているんだろう?
空気を送るふいご、空気をためる風袋、空気が通る道、音を出すリード、空気の出る孔を開閉するふた、ヴィブラートをかける装置、音を大きくする装置。
電気部品はゼロ。これは木の機械であり芸術品!

 

《子ども・おとなワークショップ》
「足踏みリードオルガンをひいてみよう!」

日 時:2018年6月10日(日) [A]10:00~11:45 [B]13:30~15:15
受講料:無料 要申込(A・B各10名・先着順)
 ※お申し込みは4月15日(日)から、お電話で楽器博物館(053-451-1128)までどうぞ。
対 象:小学生~成人
会 場:アクトシティ浜松研修交流センター 音楽セミナー室(3F)
講 師:日本リードオルガン協会会員

カンタンだけどムズカシイ・・・ペダル操作で音色や表情が変わっちゃう!

 

ミュージアムサロン
「リードオルガン・ミニコンサート」

日 時:2018年6月10日(日) 11:00/14:00/15:30(各30分程度)
会 場:楽器博物館 天空ホール(常設展観覧料が必要です)
演 奏:多田なおみ

子どもワークショップシリーズ2017⑦「弦が一本だけのお琴“一絃琴(いちげんきん)”で、日本の優しい心を感じてみよう!」

詳細

子どもワークショップシリーズ2017⑦

「弦が一本だけのお琴“一絃琴(いちげんきん)”で、日本の優しい心を感じてみよう!」

弦が一本だけのお琴。江戸時代からたくさんの人が自分の心を清らかにするためにひいてきました。風や雨の音、虫の声など、自然の音ととけ合うこの楽器は、静かで美しい楽器です。


日  時:2018年1月14日(日)A.13:00~14:30/B.15:00~16:30(A.Bは同じ内容です)
会  場:アクトシティ浜松研修交流センター
参 加 費:500円(要電話申込)
    ★2017年11月14日(火)より予約受付開始
講  師:峯岸一水
対  象:小学3~6年生
定  員:各コース10名(先着順)
主  催:浜松市楽器博物館、公益財団法人浜松市文化振興財団
助  成:ホテルオークラ東京、企業メセナ協議会


◎その他の『子どもワークショップ』はこちら!
①「アフリカの楽器・親指ピアノ“リンバ”でアフリカンリズムを楽しもう!」
②「インドネシアの伝統芸能を楽しもう!
   影絵人形ワヤン作りとガムラン演奏と踊りを体験しよう!」

③「雅楽の楽器“篳篥(ひちりき)”をふいて、気分は宮廷人!」
④「韓国の太鼓“杖鼓(チャンゴ)をたたけば、宇宙がわかる!」
⑤「陽気な楽器“バンジョー”をひいて、気分はアメリカ~ン!」
⑥「ポルトガルの四角いタンバリン“アデュフェ”を作って、ラララ、タンバリーン!」
⑦「弦が一本だけのお琴“一絃琴(いちげんきん)”で、日本の優しい心を感じてみよう!」

親子ワークショップ「フェルトで楽器の絵を作ろう!」

詳細

親子ワークショップ

「フェルトで楽器の絵を作ろう!」

色とりどりのきれいなフェルトを使って、楽器博物館にある世界の楽器を観察して、好きな楽器を選んで、親子でその楽器の絵を作ります。フェルトの絵なので、ホワホワ感があって、優しくてあったかいステキな絵ができます。額に入れてお家に飾ってみましょう!

日  時:2017年12月16日(土)13:30~16:00
会  場:アクトシティ浜松研修交流センター
参 加 費:500円
講  師:安岡真理(静岡市美術館学芸員)
     森谷紗世(静岡市美術館学芸員・アシスタント)
対  象:小学生の親子10組(20人)※先着順
     兄弟姉妹の小学生も参加できます。
     必ず親(大人)の同伴が必要です。小学生だけでの参加はできません。
申  込:お電話で楽器博物館へお申し込みください TEL.053-451-1128
主  催:浜松市楽器博物館、公益財団法人浜松市文化振興財団
協  力:静岡市美術館

更新:2019/1/8


浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。