足踏みリードオルガンDAY

詳細

足踏みリードオルガンDAY

浜松市楽器博物館・日本リードオルガン協会共催事業
日本リードオルガン協会第23回浜松大会公開イベント

 

明治150年記念コンサート 「足踏みリードオルガンの魅力~児童合唱とともに~」

日 時:2018年6月9日(土) 15:00~16:30
入場料:無料 要申込(150名)
 ※お申し込みは4月15日(日)から、お電話で楽器博物館(053-451-1128)までどうぞ
 ※未就学児の同伴も可能です。
会 場:アクトシティ浜松研修交流センター 音楽工房ホール
出 演:
 浜松ライオネット児童合唱団(児童合唱)
 初村則子(児童合唱指揮)
 日本リードオルガン協会会員(オルガン・歌)

キリスト教会讃美歌の清らかな調べ、
ヨーロッパ・クラシック音楽の荘厳な響き、
そして日本の小学唱歌に流れる永遠の抒情。
明治の世に、浜松製の足踏みリードオルガンは日本全国の学校に普及し、子どもたちの歌の伴奏で活躍しました。オルガンがあったからこそ、私たちは西洋のメロディに日本語の歌をのせて、新しい時代を創っていきました。そしてその歌は、やがて日本人共通の宝となりました。
明治150年の今年、浜松で足踏みリードオルガンの温かな音色に包まれて、クラシックの独奏曲や賛美歌を、そして地元の児童合唱団とともに小学唱歌の名曲を楽しみましょう。

 

中はどうなっているの?「リードオルガン解体ショー」

日 時:2018年6月9日(土) 13:00~14:15
入場料:無料 要申込(150名)
 ※お申し込みは4月15日(日)から、お電話で楽器博物館(053-451-1128)までどうぞ。
 ※未就学児の同伴も可能です。
会 場:アクトシティ浜松研修交流センター 音楽工房ホール

足踏みリードオルガンの中はいったいどうなっているんだろう?
空気を送るふいご、空気をためる風袋、空気が通る道、音を出すリード、空気の出る孔を開閉するふた、ヴィブラートをかける装置、音を大きくする装置。
電気部品はゼロ。これは木の機械であり芸術品!

 

《子ども・おとなワークショップ》
「足踏みリードオルガンをひいてみよう!」

日 時:2018年6月10日(日) [A]10:00~11:45 [B]13:30~15:15
受講料:無料 要申込(A・B各10名・先着順)
 ※お申し込みは4月15日(日)から、お電話で楽器博物館(053-451-1128)までどうぞ。
対 象:小学生~成人
会 場:アクトシティ浜松研修交流センター 音楽セミナー室(3F)
講 師:日本リードオルガン協会会員

カンタンだけどムズカシイ・・・ペダル操作で音色や表情が変わっちゃう!

更新:2018/3/18

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。