子どもワークショップシリーズ2017⑥「ポルトガルの四角いタンバリン“アデュフェ”を作って、ラララ、タンバリーン!」

詳細

子どもワークショップシリーズ2017⑥

「ポルトガルの四角いタンバリン“アデュフェ”を作って、ラララ、タンバリーン!」

四角いタンバリンは世界でも少数派。その昔ポルトガルではお母さんがたたいてたのしんでいたそうです。今回はこれを作って、絵をかいて、マイ・アデュフェを作ります!


日  時:2017年12月3日(日)A.10:00~12:00/B.13:30~15:30(A.Bは同じ内容です)
会  場:アクトシティ浜松研修交流センター
参 加 費:500円(要電話申込)
    ★2017年10月3日(火)より予約受付開始
講  師:田島隆
対  象:小学3~6年生
定  員:各コース10名(先着順)
主  催:浜松市楽器博物館、公益財団法人浜松市文化振興財団
助  成:ホテルオークラ東京、企業メセナ協議会


◎『子どもワークショップシリーズ』はこちら!
①「アフリカの楽器・親指ピアノ“リンバ”でアフリカンリズムを楽しもう!」
②「インドネシアの伝統芸能を楽しもう!
   影絵人形ワヤン作りとガムラン演奏と踊りを体験しよう!」

③「雅楽の楽器“篳篥(ひちりき)”をふいて、気分は宮廷人!」
④「韓国の太鼓“杖鼓(チャンゴ)をたたけば、宇宙がわかる!」
⑤「陽気な楽器“バンジョー”をひいて、気分はアメリカ~ン!」
⑥「ポルトガルの四角いタンバリン“アデュフェ”を作って、ラララ、タンバリーン!」
⑦「弦が一本だけのお琴“一絃琴(いちげんきん)”で、日本の優しい心を感じてみよう!」

更新:2017/7/14

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。