子どもワークショップシリーズ2017③「雅楽の楽器“篳篥(ひちりき)”をふいて、気分は宮廷人!」

詳細

子どもワークショップシリーズ2017③

「雅楽の楽器“篳篥(ひちりき)”をふいて、気分は宮廷人!」

1300年以上の歴史がある、世界に誇る日本の伝統音楽“雅楽”。そのメロディを担当するのが篳篥です!植物の葦(アシ)のリードを鳴らすのは難しいけど、鳴ったら、はるかかなたのシルクロードの香りがしますよ!


日  時:2017年10月15日(日)A.10:00~12:00/B.14:00~16:00(A.Bは同じ内容です)
会  場:アクトシティ浜松研修交流センター
参 加 費:500円(要電話申込)
    ★2017年8月15日(火)より予約受付開始
講  師:中村仁美
対  象:小学3~6年生
定  員:各コース20名(先着順)
主  催:浜松市楽器博物館、公益財団法人浜松市文化振興財団
助  成:ホテルオークラ東京、企業メセナ協議会


◎『子どもワークショップシリーズ』はこちら!
①「アフリカの楽器・親指ピアノ“リンバ”でアフリカンリズムを楽しもう!」
②「インドネシアの伝統芸能を楽しもう!
   影絵人形ワヤン作りとガムラン演奏と踊りを体験しよう!」

③「雅楽の楽器“篳篥(ひちりき)”をふいて、気分は宮廷人!」
④「韓国の太鼓“杖鼓(チャンゴ)をたたけば、宇宙がわかる!」
⑤「陽気な楽器“バンジョー”をひいて、気分はアメリカ~ン!」
⑥「ポルトガルの四角いタンバリン“アデュフェ”を作って、ラララ、タンバリーン!」
⑦「弦が一本だけのお琴“一絃琴(いちげんきん)”で、日本の優しい心を感じてみよう!」

更新:2017/7/14

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。