特別展 「埋もれた楽器たち」~古代への音浪漫~

詳細

弥生時代の遺跡から出土した琴
古墳時代の琴を弾く男性の埴輪
琴のミニチュア土製品、銅鐸、鈴…
埋もれた楽器たちが語りかけるものは何だろう

会期中無休

主催:浜松市楽器博物館、公益財団法人 浜松市文化振興財団

関連事業

フォーラム 「古代への音浪漫~人は何を奏で、聴き、祈っていたのだろう」

8月19日(日)13:00~16:00
アクトシティ浜松音楽工房ホール
パネラー:

  • 山田光洋(横浜市埋蔵文化財センター)
  • 中川律子(静岡県埋蔵文化財センター)
  • 竹内直文(磐田市埋蔵文化財センター)
  • 遼  安(古代琴演奏家)
  • 嶋 和彦(楽器博物館館長)ほか

レクチャーコンサート 「古代への道~琴と筝の時空トラベル~」

8月18日(土)14:00~16:00
アクトシティ浜松音楽工房ホール
一般2000円 学生1000円
演奏:遼安ほか

浜松市郷ヶ平古墳群 出土埴輪説明会

8月6日(月)19:00~20:30
本展会場
説明:鈴木一有(浜松市文化財課)
参加費:200円
申込不要 当日会場へどうぞ

浜松市博物館 「音のコミュニケーション」《同時開催》

7月21日(土)~9月2日(日) 9:00~17:00 
8月28日(月)は休館
浜松市中区蜆塚4-22-1 
TEL 053-456-2208

更新:2014/7/22

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。