コレクションシリーズCDへのお誘い

No.51 「可愛いナンシー:18世紀のギター音楽」&No.52 「スクエアピアノとイギリス家庭音楽の愉しみ」

cd51

cd52

 
 No.51は「可愛いナンシー:18世紀のギター音楽」。
 1770年頃のフランスのバロックギター、1780年頃のロンドン、トンプソン作の鍵盤付イングリッシュギター、1770年頃のロンドン、ロングマン&ブロデリップ作のイングリッシュギターと1791年ロンドン、カークマンのチェンバロ、1765年パリ、ブランシェのチェンバロを使用。どれも美しい楽器で、とても贅沢なアルバムに仕上がりました。

 ギターの竹内太郎さんはこの道の世界的大家。チェンバロには大塚直哉さん、ソプラノには野々下由香里さんという豪華な顔ぶれ。ギター二重奏では第2イングリッシュギターにお弟子さんの井上景さんが加わっています。

 タイトルの「可愛いナンシー」とは当時流行したバラッド。妖しい魅力を持つ美女ナンシーに翻弄される紳士を歌ったもの。ロンドンの古楽器商トニー・ビンガム氏所有の楽譜ですが、氏の特別の計らいで使用が許可された貴重な演奏です。
 バロックギターの素晴らしさは今更述べるまでもないので省略しますが、今回の注目すべき点は、おそらく世界初録音であると思われる、鍵盤付イングリッシュギターの演奏。着脱式の鍵盤を操作して、弦を打ち鳴らします。弾くのとは異なる独特の音色です。
 朝日新聞推薦、レコード芸術準特選となりました。

 そして、No.52は「スクエアピアノとイギリス家庭音楽の愉しみ」。
 18世紀後半、チェンバロからピアノへと鍵盤楽器の主流が移行していく時代、一般市民に普及したのは高価なグランドピアノではなく、リーズナブルな価格とコンパクトで省スペースのスクエアピアノでした。このアルバムはそんな時代の、イギリス中産階級の家庭での音楽の愉しみをコンセプトにしたものです。ピアノは小倉貴久子さん、ヴァイオリン桐山建志さん、ソプラノ野々下由香里さん。

 使っているスクエアピアノは1805年ロンドンのトーマス・ラウド製。曲目はハイドン、モーツァルト、ヨハン・クリスチャン・バッハ、そしてこの楽器の販売も手掛けたクレメンティ。特にクリスチャン・バッハは、ロンドンでのスクエアピアノの流行に火付け役であったそうで、良く知られたソナタ ト長調 作品5-3を収録。スクエアピアノで聴くとなかなかの美しい響きに驚きます。歌やヴァイオリンも、スクエアピアノと合わせると、無理のない自然な響きになります。ハイドンのスコットランド民謡を基した作品は、ほのぼのとした郷愁を誘います。「遠い日々」は「蛍の光」の原詩。古き友と遠く素晴らしい日々に乾杯とは、これぞ人生の悦びでしょう。
 

更新:2015/4/26

No.49 「筝の古典と白繭の響き~太助筝による~」&No.50 「シェイクスピアの音楽 リュートに託した恋の歌」

cd49

cd50

 最新アルバムが2つ出ました。No49「筝の古典と白繭(きぬいと)の響き=太助箏による~」とNo50「シェイクスピアの音楽~リュートに託した恋の歌~」です。

 まず箏ですが、これはもちろん日本のお琴のことなのですが、琴と筝とは厳密には違う楽器で、私たちが普段お琴(こと)と呼んでいる楽器の正しい名前は箏(そう)です。一方、琴という字の楽器は、正しくは琴(きん)という楽器です。この琴(きん)は私たちが見たり弾いたりする機会はなかなかありません。
 箏の寿命はだいたい数十年と言われています。ですから、100年以上も前の古い箏はなかなか演奏に使われることはありませんし、昔の箏づくりの名人が作った楽器でも今演奏に使うということはめったにないのです。
 大阪の筝づくりの名人に太助と言う人がいます。江戸時代末から数代続くのですが、その太助の筝が当館にあります。15年前に京都の方から寄贈していただいたものです。今まで演奏会で何度か使いましたが、なかなか奥深い音がします。ただこの筝は、演奏者の感想では、鳴らしにくいのだそうです。よってなかなかCDができなかったのですが、ようやく完成しました。さらに良いことには、尺八の古いタイプである地無し管との合奏が実現できたこと、加えて、皇居で育った日本古来の繭による絹絃の提供をいただけたことです。
 さてどんな音がするのか、ぜひCDを聴いてみてください。2枚組で筝と筝曲の歴史も辿れるようになっています。

 
 次にリュート。使用したリュートはドイツに生まれて、ヨーロッパを転々として、改造されたもので、いわゆる有名な名工が作った名器ではありませんが、楽器と社会を考える上では、興味深い楽器です。
そして選んだ曲は、イギリスの文豪シェイクスピアの劇音楽から、恋の歌を中心に。
 
 ハムレット、お気に召すまま、真夏の夜の夢、十二夜等々、シェイクスピアの劇中で展開される悲喜こもごもの人間ドラマを演出する音楽です。ソプラノとリコーダーも加わって、しっとりと味わい深いアルバム。クリスマスの夜にもぴったりです。

更新:2014/12/11

No.48 「森の響き~ドイツ後期ロマン派・ブラームスの魅力~」

コレクションシリーズ48 「森の響き ~ドイツ後期ロマン派・ブラームスの魅力~」

最新アルバムはNo48「森の響き~ドイツ後期ロマン派・ブラームスの魅力~」です。
収録曲は、ヴァイオリンソナタ、ピアノ小品、そしてホルン三重奏曲ですが、注目はホルン三重奏曲。
ここで使われているホルンは、現代のホルンではなくて、1841年以前に作られたフランス製のナチュラルホルンです。つまり現代のホルンのようにヴァルブ装置(ロータリーヴァルブ)がついている楽器ではなくて、ただ管を巻いただけの楽器なのです。

 ということは、音階は自然倍音のみを使って出します。そして音程の修正は、手のひらをベルに差し込んで、管を狭くしたり、塞いだりします。その結果、音は不均質で、ある時はけたたましく、ある時は優しく、またある時は陽光のごとく、ある時は陰鬱に響きます。この「移ろい」「陰影」こそがナチュラルホルン、つまりそれはホルン本来の姿であり、魅力でありアイデンティティなのです。

 ブラームスのシンフォニーでは、ホルンが大活躍します。そうです、ブラームスはとてもホルンを愛していて、自らも演奏しました。それもナチュラルホルンをです。そしてブラームスは、ナチュラルホルンを、当時ドイツで一般に呼ばれていた名称である「ヴァルトホルン」と呼びました。ヴァルトはドイツ語で森の意味。ホルンが元来森で狩りに使われていたのでこう呼ばれるのですが、狩りが重要なのではなく、森=自然が重要なのです。自然は「移ろう」のであり「陰影」を持つのです。

 ブラ―ムスが愛し、こだわり続けたたヴァルトホルンでのホルン三重奏曲。ブラームスが意図した響き=森の響き、が詰まったアルバムです。読売新聞推薦盤。

更新:2014/8/5

1 / 11
浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。