第170回 レクチャーコンサート「甦る唐代琵琶譜の音楽~古代シルクロード・敦煌から正倉院へ~」

詳細

日 時:2015年5月24日(日) 開場14:30 開演15:00
入場料:一般2,500円、学生1,000円(24歳以下の学生) ※未就学児の入場はご遠慮ください。
会 場:アクトシティ浜松 音楽工房ホール
チケット取り扱い:楽器博物館、アクトシティチケットセンター、浜松市文化振興財団オンラインショップ
※3月24日(火)より発売
お問合せ・チケット予約:楽器博物館(053-451-1128)

 

中国、隋・唐の音楽文化は、日本に伝えられ、日本雅楽の中核をなす「唐楽」になりました。隋・唐の音楽そのものは、また極めて国際色豊かなもので、古代シルクロードのさまざまな地域の音楽文化から強い影響を受けていました。8世紀の玄宗皇帝の宮廷で演奏されていた楽器の多くも、遠く西アジアやインドに起源を持っていました。現在日本の唐楽で用いられている琵琶は西アジア起源、世界唯一の実物が奈良の正倉院に現存する五絃琵琶はインド起源。面白いことに、琵琶類の楽譜のかなりの数が、古い時代から伝えられています。最古の琵琶譜は正倉院の古文書の裏に記された楽譜の断片で、『天平琵琶譜』として知られています。京都の陽明文庫には、平安時代に書写された『五絃譜』があります。また、20世紀の初頭、莫高窟(千仏洞)で有名な敦煌で発見された琵琶譜『敦煌琵琶譜』は、現在フランス、パリ国立図書館に保管されています。今回はこれらの琵琶類の楽譜に記された音楽を解読して、見慣れた唐楽の楽器に加えて、古代シルクロードに起源を持つ復元楽器を交えた復元演奏を試みます。古代シルクロードの音色が蘇ります。(スティーヴン・G・ネルソン)

プログラム

《宗明楽》
『五絃譜』にも、現存する最古の横笛譜『博雅笛譜』(10世紀半ば)にも記されている《宗明楽》。唐の音楽文化が日本に伝えられたプロセスを考えます。

天平琵琶譜《黄鐘調二手》
世界最古の琵琶譜『天平琵琶譜』。長い間謎であったその内容を、後にできた楽譜との「合奏」を通して明らかにします。

《三台急》唱歌(声歌、極楽声歌)
平安時代の宮廷や寺院では、器楽合奏でも旋律を人間の声で歌っていました。意味のない歌詞も、阿弥陀の浄土を褒め讃える歌詞もありました。

天平琵琶譜《西江月》
最近の研究成果を鑑みて、『敦煌琵琶譜』に記された《西江月》の楽譜を歌曲の琵琶伴奏譜として復元します。

五絃譜《上元楽》
玄宗皇帝の宮廷で行われていた大掛かりな楽舞《上元楽》。『五絃譜』に記された旋律を元に、シルクロード起源の楽器も入れた大掛かりな合奏曲にします。

出演

スティーヴン・G・ネルソン Steven G. NELSON (お話) 
1956年、オーストラリア、シドニー生まれ。シドニー大学文学部音楽学科(音楽学専攻)卒業後、同大学院修士課程で日本・東洋音楽史を研究。1980年来日。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了、同博士課程単位取得。専攻は日本音楽史学(古代〜近世)。主に雅楽・仏教音楽・平家語り・古代から近世までの歌謡に関する研究を行う。自らも雅楽の楽器、生田流箏曲、地歌三味線を演奏。上野学園大学日本音楽資料室(現日本音楽史研究所)研究員、慶応義塾大学・明治学院大学・国際基督教大学非常勤講師、京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター助教授等を経て、2004年から法政大学文学部日本文学科教授・法政大学国際日本学インスティテュート専担教員。

伶楽舎 れいがくしゃ(演奏)
雅楽の合奏研究を目的に1985年に発足した雅楽演奏グループ。音楽監督・芝祐靖。発足以来、現行の雅楽古典曲以外に、廃絶曲の復曲や正倉院楽器の復元演奏、現代作品の演奏にも積極的に取り組み、国内外で幅広い活動を展開している。国内各地の他、アメリカやヨーロッパの主要ホールに招聘されて演奏。古典曲や現代曲、復元曲のCD等も多数録音。現代作曲家への委嘱作品や古典雅楽様式の新作に力を入れ、これまで猿谷紀郎、池辺晋一郎、湯浅譲二、増本伎共子、伊左治直他に作品を委嘱、自主公演で初演。また、武満徹『秋庭歌一具』の演奏で2002年2月中島健蔵音楽賞特別賞を受賞、自主録音したCD『秋庭歌一具』(ソニー)は平成14年度芸術祭レコード部門優秀賞受賞。他に、解説を交えた親しみやすいコンサートを企画し、雅楽への理解と普及に努め、文化庁「時代を担う子どものための文化芸術体験事業」他、小中高校生を対象としたワークショップ、レクチャーコンサートなども多く行っている。http://www.reigakusha.com https://www.facebook.com/reigakusha

更新:2015/2/20

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。