第168回 レクチャーコンサート「ノクターンの誘惑~フィールドとショパン~」〈フォルテピアノとその時代 第2回〉

詳細

日 時:2015年4月22日(水) 開場18:30 開演19:00
入場料:一般2,500円、学生1,000円(24歳以下の学生) ※未就学児の入場はご遠慮ください。
会 場:楽器博物館 天空ホール
チケット取り扱い:楽器博物館、アクトシティチケットセンター、浜松市文化振興財団オンラインショップ
※2月22日(日)より発売
お問合せ・チケット予約:楽器博物館(053-451-1128)

 

歌手のようにピアノを演奏したい、
それが私のピアノ演奏におけるテーマの1つです。
そしてプレイエルでのショパン演奏は、その願いに限りなく近づける極上の手段だと感じています。旋律の美しさが何よりの魅力であり、プレイエルの魅力をも最大限に引き出してくれるであろうショパンのノクターンとともに、彼に多大な影響を与えたフィールドのノクターンをお届け致します。プレイエルから奏でられる音に歌を感じ、しっとりとした夜をお過ごし頂けたら幸いです。(羽賀美歩)

 

プログラム

F.ショパン
ノクターン 作品9-1/27−1/27-2
即興曲作品29
幻想即興曲
バラード作品52

J.フィールド
ノクターン 4番/13番/18番

S.ターンベルク
ノクターン 作品21-2

出演

羽賀美歩(はがみほ)
名古屋市出身。 東京藝術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程古楽科フォルテピアノ専攻修了。2歳よりヤマハにて音楽教育を受け始め、4歳でピアノを、6歳で作曲を始める。台湾、フランスなど国内外の多数公演で自作の曲を演奏する。第21回奏楽堂日本歌曲コンクールにて優秀共演者賞受賞。2011年オーストリア・クレムスエッグ城国際フォルテピアノコンクール第2位。2013年ベルギー・ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門3位。現在は古楽器フォルテピアノ奏者として、また器楽や声楽の伴奏ピアニストとして幅広く活動している。

更新:2015/2/20

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。