第161回 レクチャーコンサート「京・響・雅 柳川三味線 」

詳細

ダイジェスト映像

開催概要

日 時:2014年5月24日(土)開演2:00pm
入場料:一般2,000円、学生1,000円(未就学のお子様は、入場をご遠慮頂いております。)
会 場:アクトシティ浜松 音楽工房ホール
チケット取り扱い:楽器博物館、アクトシティチケットセンター、浜松市文化振興財団オンラインショップ
問い合わせ・チケット予約:楽器博物館(053-451-1128)
チケット発売 3/24(月)

浮世絵に描かれた姿をそのまま残す三味線の祖型、柳川三味線。
京都において、先人が長い時をかけ脈々と育てたその音色は、歴史の重みと優雅さを持っています。

今回は、三味線音楽最古の芸術的歌曲とされる「組歌」から、技巧や工夫に富んだ
「作物」、現代における委嘱曲に至るまで、幅広くご紹介させて頂きます。

このような貴重な機会を頂戴しましたのも、初めてお会いした際、「まだこの楽器を演奏なさってる方がいらしたのですね!」と仰っていました浜松市楽器博物館館長の嶋様との出会いの賜物でございます。そのお言葉をお聴きし、私は若輩ものながら、伝承に携わるものとして、伝承・普及への想いを改めて強く感じました。楽器博物館にも展示されております柳川三味線が、どのような演奏法を用いて、どのような音色を奏でるのか。また、柳川三味線によってどのような楽曲が生み出されていったのか。

十人十色、お聴き頂きます方のご自由に、お楽しみ頂けましたら幸いでございます。

林 美音子

プログラム(予定)

七福神(作者不詳)
 初春の子供たちの遊びでもあった「七福神遊び」を取り入れた初笑いによる招福を兼ねた祝儀曲。

都十二月(作者不詳)
 京の都の1年を、正月から暮れまでの年中行事や風物を取り混ぜて面白くまとめた曲。

早舟(詞・曲 柳川検校)
 芸術音楽として初めて体系化された三味線音楽である「三味線組歌」のうちの1つ。柳川流・流祖である柳川検校の作曲。

荒れねずみ(作者不詳)
 曲名は『摂陽奇観』の1759年に初出し、歌詞は1784年刊の歌本『新撰詞曲よしの山』に「半太夫」として掲載されているのが初出。台所を荒し回る鼠が、赤斑の大猫の犠牲になるまでを擬人化し、鼠の大将の口を借りて滑稽に物語るように歌う。

さらし(作・曲 北沢勾当・深草検校)
 北沢勾当の原曲(『松の葉』1703)に、深草検校が手を入れて改作(『糸のしらべ』1751)したもの。宇治川での布晒の様子を歌った7つの歌の手の部分が聴きどころ。
 ※演奏は一部

出演

林 美恵子(はやしみえこ)
社団法人京都當道会大師範。京都教育大学音楽科非常勤講師。
京都教育大学付属桃山小学校和楽器講師。日本第二赤十字病院院外講師。
1957年京都下派地歌・筝曲演奏家 三好敦子氏に師事、1967年内弟子入り、後、現代音楽演奏研鑽のため沢井忠夫氏に師事、柳川三味線による古典習得のため津田道子氏に師事。94年国際交流基金派遣、中国(北京、瀋陽、上海)にて初海外公演。ポーランド文化芸術省・ポーランド日本大使館の後援を受けザコバネにおける『世界民族フェステバル』に参加、クラクフ・ビエルスコービアワ市より招待され公演。ハワイ大学音楽学部後援にて柳川三味線コンサート『京の夕べ』開催。2010年国立劇場150回邦楽公演出演。
同年、『子供のための優れた舞台芸術体験授業』(文科省・文化庁)講師。
2013年、『次代を担う子供の文化体験授業』(文化庁)講師。
同年、第40回となる林会社中による地歌演奏会を開催。

林 美音子(はやしみねこ)
古典を母・林美恵子に、柳川三味線を津田道子氏に、現代音楽を沢井忠夫氏に師事。
2011年くまもと全国邦楽コンクール優秀賞。
(公財)日本伝統文化振興財団邦楽技能者オーディションに合格、記念CD『柳川三味線 林美音子』をリリース。同年11月文化庁芸術祭参加公演「林美音子地歌リサイタル」開催。12年屏風画に描かれた三味線と京文化における柳川三味線の存在価値に焦点が当てられたNHK総合の番組『天上の天朝美 京都・修学院離宮』に出演し「都十二月」を演奏。
同年10月第32回伝統文化ポーラ賞奨励賞受賞。
その記念公演として京舞井上流五世家元井上八千代師を客演に迎え「林美音子地歌リサイタル」を開催。ほか、柳川三味線の継承を中心に現代における邦楽の在り方を模索しながら新たな境地へと挑戦を重ね、国内外にてグローバルな演奏活動を行う。
また教育現場にも力を注ぎ京都教育大学付属桃山小学校の和楽器講師、奈良教育大学非常勤講師などを務め、邦楽を未来に繋ぐ架け橋となるべく活動している。


更新:2014/7/24

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。