第160回 レクチャーコンサート「伝統から現代へ~フラメンコギター 」

詳細

ダイジェスト映像

開催概要

日 時:2014年5月14日(水)開演7:00pm
入場料:一般2,000円、学生1,000円(未就学のお子様は、入場をご遠慮頂いております。)
会 場:楽器博物館 天空ホール
チケット取り扱い:楽器博物館、アクトシティチケットセンター、浜松市文化振興財団オンラインショップ
問い合わせ・チケット予約:楽器博物館(053-451-1128)
チケット発売 3/14(金)

フラメンコは、クラシックのように特定の決まった曲を演奏しない。
現存する曲を楽譜通りに演奏する概念もない。
演奏を通して演者の感情の発露を楽しむことこそフラメンコの文化である。

名手 鈴木尚がフラメンコの双璧である伝統のソレアとシギリージャをソロで奏で、盟友とともに、グアヒーラや自作のタンゴをギター・デュオやパーカッションを加えて贈るフラメンコギターの伝統と現代。

プログラム(予定)

  • 「OLOROSO」芳しきもの(シギリージャ)
  • 「DESIERTO」荒れ地(ソレア)
  • 「DANZA MORA」ダンサ・モ―ラ(ダンサ・モ―ラ)
  • 「BRISA」ゆらぎ(グアヒ―ラ)
  • 「REBOSANDO」レボサンド(タンゴ)
  • 「FUJINO」藤野(ロンデーニャ)
  • 「LEVANTE」東風(ルンバ)
  • 「BULERIA」ブレリア(ブレリア)

出演

鈴木 尚(すずきたかし)…フラメンコギター

1984年スペインに留学し、セビージャのマノロ・マリン舞踊学院にてプロデビュー。スペイン国営テレビ、フェスティバル、アルメリアのタブラオや各地の舞台公演に参加。

'90年ソロコンサート開催。'89年、'93年、'95年フラメンコの発祥地、スペイン南部の
へレス・デ・ラ・フロンテラのペーニャ・フラメンカを中心に、地元アーティストとの
交流を通して研究活動をする。
'99年オリジナルアルバム「ラ・ダンサ・デル・アルテ」を発表し、新宿エル・フラメンコで発表記念コンサートを行う。'04年セカンドアルバム「船着場」をリリース。
'11年東日本大震災チャリティーCDに自作曲「藤野」を提供。
'12年トルコのアンカラ・フラメンコフェスティバルに参加。
'13年11月サードアルバム「レボサンド」をリリース。

金田 豊(かねだゆたか)…フラメンコギター
1964年生まれ。新潟県出身。フラメンコギターを岡弘司、杉本良一両氏に師事。88年から2年間スペインに滞在しラファエル・リケーニ、ホセ・ルイス・モントンに師事。

帰国後プロとして活動を開始。92年から再び1年間スペインに滞在し、舞踊家ホセ・ガルバンのもと、多くのスペイン人との共演で多くを学ぶ。帰国後、東京を中心に活動しながら数度渡西し、フラメンコの研究をしている。

容昌(ようすけ)…パーカッション
米、バークリー音楽院卒業。在学中 Outstanding Percussionist Award を受賞。同大学卒業後ニューヨークに移り、サルサバンド「OASIS」のパーカッションメンバーとして活動。

また、プエルトリコに単身で渡り、セペーダ一家に伝統音楽を学ぶ。帰国後フラメンコでの活動を始め、以後数多くのフラメンコアーティストの公演に参加。これまでにマノロ・マリン、ルイス・デ・ルイスらと共演。マドリッドにて、フラメンコカホンをPiranaに師事。avexアーティスト 志方あきこ「コンサートハルモニア」参加。故、モヒカーノ関ラテンジャズ8重奏団台湾ツアーに参加。現在、関東を中心に様々な分野で活動中。

更新:2014/7/24

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。