第147回 レクチャーコンサート「悠久のペルシア、音の錦、雅なるサントゥール」関連企画展「悠久のペルシア~錦と陶の美7000年~」 4月21日(日)~6月30日(日)

詳細

ダイジェスト映像

開催概要

コンサート

日 時:2013年5月5日(日) 6:30pm 開演
入場料:一般2,500円、学生1,000円(未就学のお子様は、入場をご遠慮頂いております。)
会 場:楽器博物館 天空ホール
チケット取り扱い:楽器博物館、アクトシティチケットセンター、浜松市文化振興財団オンラインショップ
問い合わせ・チケット予約:楽器博物館(053-451-1128)

レクチャー 「悠久のペルシア~素顔のイラン」

日 時:2013年5月5日(日)2:00pm
聴講料:1,000円(未就学のお子様は、入場をご遠慮頂いております。)
   (聴講料は当日受付にてお支払い下さい。5日夜のコンサートのチケットをお持ちの方は無料です)
会 場:アクトシティ 研修交流センター
申 込:電話で楽器博物館へどうぞ。

5月5日(日)レクチャーコンサート「悠久のペルシア、音の錦、雅なるサントゥール」のチケットをお持ちの方は、5月5日(日)に行われる講座「悠久のペルシア~素顔のイラン」の聴講が無料となります。あらかじめ電話でお申し込みください。電話で楽器博物館へどうぞ Tel 053-451-1128

 ペルシア古典音楽は、その理論と演奏において、世界で最も複雑で美しい音楽のひとつでしょう。古典文学と結びついた声楽はもちろん、微分音を用いて奏でられる器楽もまた、この上なく繊細で優雅な旋律を奏でます。数ある楽器の中でも、小さな木のバチで弦を打ち鳴らすサントゥールの響きは格別。40年以上日本に住み、ペルシア音楽と文化の普及に努められてきたアナビアンさん母娘とその仲間をお招きして、数千年のペルシア文化に触れていただきます。

プログラム(予定)

 ファリバー  デイラマン  ファーヌース 
    ほかペルシア古典曲と現代曲を演奏します。

出演

プーリー・アナビアン(サントゥール)
テヘラン生まれ。5歳からペルシャ伝統楽器サントゥール奏者として、放送やコンサートに出演。イラン国立テヘラン大学音楽学部ピアノ科卒業。1972年来日。78年に日本初のペルシャ語会話辞典「みんなのペルシャ語」を出版。83年NHKドラマ「壬生の恋歌」の主題歌をはじめ、みんなのうたの「イランの子守歌」やFM番組に出演。NHK文化センター公開講座「シルクロードの音楽」のレクチャーコンサートなど各地で1000回以上演奏を行う。93年鳥取「アジア博物館・井上靖記念館」の設立で「アナビアン館」を企画し大きく貢献。2002年NHK「ハローニッポン」では演奏活動に留まらず日本・イラン間の幅広い文化交流を担う第一人者として紹介された。
イランからの芸術家の招聘や日本人学生のイランでの音楽活動を支援。
83~12、大阪音楽大学にてサントゥールの講師を勤め多くのサントゥール奏者を育てた。

谷正人(サントゥール)
大阪音楽大学およびイラン国立芸術大学(サントゥール)卒業。京都市立芸術大学大学院修士課程及び大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了(音楽学)。1998年第1回イラン学生音楽コンクールサントゥール独奏部門奨励賞受賞。現在、神戸学院大学人文学部芸術文化コース専任講師。
著書に『イラン音楽-声の文化と即興-』(青土社2007年、第25回田邉尚雄賞受賞)など。

河村真衣(サントゥール)
サントゥール奏者。大阪府池田市生まれ。4歳よりピアノ、5歳よりヴァイオリンを始める。
2000年大阪音楽大学作曲学科作曲専攻卒業。2003年、日本音楽コンクール作曲部門、現代音楽作曲新人賞入選。
04年、同大学院音楽研究科作曲専攻修了。05年、名古屋文化振興賞、日本交響楽振興財団賞受賞、
08年、武生国際作曲賞受賞。大学在学中にサントゥールの神秘的な音色に魅せられ、プーリー・アナビアン氏に師事。日本人でたった一人のサントゥールバス演奏者として師とともに日本各地・イランでも演奏するなど、幅広いジャンルにおいて作曲・編曲・演奏活動を行う。

ダリア・アナビアン(レクチャー)
テヘラン生まれ。古美術商の両親と来日する。神戸の国際学校カナディアン・アカデミー、ニューヨークの
ファッション専門学校フレンチ・アカデミーを卒業。1988年に帰国後、NHKテレビ番組「シルクロードロマンの旅」のレポーター、ABCラジオ「旅のハーモニー」のレポーターなどを務める。1997年以降は、主に警察署、検察庁、裁判所、入国管理局にてペルシア語の通訳を務める。自治体の人権講座や文化センター、大学や高校など各地でペルシア文化及びイランの事情についての講演も行う。その他、2003年「NHKウィークリー・ステラ」にエッセイ連載。
2007年、ホテル日航茨木にて共同開発のペルシアの伝統菓子「ダリア・オリジナル・デザート」を販売している。

更新:2014/7/22

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。