第146回 レクチャーコンサート「プロイセン王国・フリードリヒ大王の生涯と音楽」

詳細

ダイジェスト映像

開催概要

コンサート

入場料:一般2,500円、学生1,000円(未就学のお子様は、入場をご遠慮頂いております。)
会 場:アクトシティ音楽工房ホール
チケット取り扱い:楽器博物館、アクトシティチケットセンター、浜松市文化振興財団オンラインショップ
問い合わせ・チケット予約:楽器博物館(053-451-1128)

レクチャー

聴講料:1,000円(未就学のお子様は、入場をご遠慮頂いております。)
   (聴講料は当日受付にてお支払い下さい。28日のコンサートのチケットをお持ちの方は無料です)
会 場:アクトシティ音楽工房ホール
申 込:電話で楽器博物館へどうぞ。

4月28日(日)レクチャーコンサート「プロイセン王国・フリードリヒ大王の生涯と音楽」のチケットをお持ちの方は、4月27日(土)に行われる講座の聴講が無料となります。あらかじめ電話でお申し込みください。電話で楽器博物館へどうぞ Tel 053-451-1128

訂正:配布チラシ、画像上の開催曜日が異なっています。正しくは、4月27日(土)、4月28日(日)です。

 啓蒙専制君主として知られるプロシア王国のフリードリヒ大王(1712~1786)は、国王として政治や軍事の才能に秀でていただけでなく、フルートの演奏や作曲をはじめとする芸術や学問においてもまた優れた才能を持っていました。大王とフルートの師ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ(1697~1773)の生涯を振り返りながら、二人の作品を味わいます。フルートとその音楽にとって古典であり原点である2鍵フルートの演奏と解説は、多くのフルート愛好家に大きな示唆を与えることでしょう。

プログラム(予定)

 フルート・ソナタ 第154番 ホ短調/フリードリヒ大王
 フルート・ソナタ ト長調 Wt.134/C.Ph.E.バッハ
 オブリガート・チェンバロとフルートの為のソナタ ト長調 作品3‐1/F.ベンダ
 無伴奏フルートの為の、大王の為の練習曲集から/J.J.クヴァンツ  ほか

出演

有田正広(フルート)
世界を代表するフルート奏者。1972年桐朋学園大学首席卒業。
ブリュッセル王立音楽院(ベルギー)を最高栄誉賞付プミエプリにて卒業。
デン・ハーグ王立音楽院(オランダ)を最高栄誉賞付ソリスト・ディプロマを得て卒業。
75年ブリュージュ国際古楽コンクール1位。18世紀オーケストラ(オランダ)やイングリッシュ・コンサート(イギリス)のソリストを務めるなど国内外の名手たちとの共演は多数。ルネサンスから現代までの楽器を駆使してリサイタルや室内楽で意欲的に活動。
1989年東京バッハ・モーツァルト・オーケストラを結成。1990年サントリー音楽賞受賞。
現在昭和音楽大学教授、同ピリオド音楽研究所長、桐朋学園大学特任教授、クラシカル・プレイヤーズ東京指揮者。

有田千代子(チェンバロ)
桐朋学園大学卒業。ピアノを井口秋子、チェンバロを鍋島元子、室内楽を斉藤秀雄に学ぶ。
74年モンス王立音楽院(ベルギー)に留学、チェンバロをロベール・コーネン、ソロの室内楽をヴィーラント・クイケンに学ぶ。74年に栄誉賞付プルミエプリにて卒業。さらに77年には最高栄誉賞付ハイ・ディプロマを授与される。日本を代表するチェンバロ奏者としてソロやアンサンブルで活躍。CD「フランス・バロックの室内楽」(文化庁芸術祭優秀賞受賞)など数多くのレコーディングに参加。桐朋学園大学教授、国立音楽大学講師などを歴任。
現在桐朋学園大学特任教授。

更新:2014/7/17

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。