第135回 レクチャーコンサート「伝統のアフリカ ~吟遊詩人グリオと弦楽器コラ~」

詳細

ダイジェスト映像

開催概要

入場料:大人2000円、学生1000円
(未就学のお子様は、入場をご遠慮頂いております。)
会場:楽器博物館 天空ホール
チケット取り扱い:楽器博物館、アクトシティチケットセンター
問い合わせ・チケット予約:楽器博物館(053-451-1128)

グリオ(フランス語名称。マンディンガ語ではジェリ)とは、西アフリカのマリ、ギニアを中心に広く存在する
世襲制の職業的音楽家・口承伝承者・吟遊詩人のことで、社会的に認められた特別な存在である。
文字の代わりに演奏や歌、語りを通して、社会批判や体制への抗議、政治的・歴史的・社会的出来事、権力者の栄光を讃える物語、遠方の情報、各家の系譜、生活教訓などを人々に伝える役割を担う。

このコンサートでは、グリオの家計に生まれ育ったミュージシャンを迎え、彼ら特有の楽器である弦楽器コラ(21弦のハープ)やバラフォン(木琴)、ンゴニ(4弦または5弦のリュート)などを使って、グリオの文化を紹介する。トップダンサーもその上演に華を添える。

プログラム(予定)

スンジャタ・ファサ
西アフリカの歴史において、マンディングの人々をスマウォロ・カンテから解放するために自らの人生を捧げ、人々に大きな誇りをもたらした人物スンジャタ・ケイタを讃える歌。

カイラ
“忍耐と幸せ”を歌う。豊かに幸せになりたいと思ったら、その日がくるまで辛抱強くいなさい。「もしダンサーが音楽よりも早く踊ったらそのダンスはいいものにはならない」とアフリカの言葉は伝える。 ほか

出演

エピゾ・バングーラ(コラ)
本名アブドゥライ・エピゾ・バングーラ。ギニア共和国出身。
フランス、アメリカ、オーストラリアで通算20年以上のキャリアを持つアフリカを代表するパーカッショニストの一人。エピゾは、3歳になった頃から父に楽器の手ほどきを受ける。小学校時代には楽団の一員として当時のギニア共和国 アーマド・セク・トゥーレ大統領の前で御前演奏を披露。その後、アンドレ・トゥーレ( 大統領夫人に帯同して初のヨーロッパツアーを経験するなど、早くからその音楽とダンスの才能を世間に知らしめることとなる。リズムとダンスの融合という強い信念のもと、エピゾはギニア国内の様々なダンスカンパニーでも活躍したのち、80年代にコートジボワールに移住。有名な『コテバ・アンサンブル』のメンバーとなり、プロミュージシャンとしての本格的な活動を開始する。
その後、パリでは、モリ・カンテ、サリフ・ケイタ、ドゥドゥ・ンジャイ・ローズ、カッサマディ・ジャバテ、セクバ・バンビノ・ジャバテといったアフリカを代表するミュージシャンと多数共演を果たす。
彼らの祖先の文化や伝統、歴史を後世に伝えるグリオとして生を受けたエピゾは、自身の音楽性を表現するために伝統と現代のスタイルを融合したバンド『African express』を結成、昔から伝わる価値観を通して現在のアフリカが抱える問題などを分かりやすく訴えかけている。
90年代初頭にアメリカ合衆国に移住、ニューヨークで自身のバンド『African Express』を率いて定期的に演奏活動を行うと共に、天才ジャズピアニスト、ドン・プーレン、エド・ブラクウェル、マーク・へリアス)、ジェーン・コルテス、レジーナ・カーター(といった有名ジャズミュージシャン並びに、南アフリカ出身のジャズピアニスト、アブドゥライ・イブラヒム、ギニア国立舞踏団のメンバーとして1950年代に初めてアメリカで公演したジェンベプレイヤー、パパ・ラジ・カマラなどのアフリカ人ミュージシャンなどと多数共演を果たしている。
また、ニューヨークにアフリカンドラムとダンスの学校Fareta Drum and Dance Schoolを設立し、それらの普及に大きく貢献する。 96年、拠点をオーストラリアに移し、African Expressを再編成し、
数多くの音楽祭やシドニーオリンピック記念式典などで活躍。2008年夏以降 活動の拠点を日本にも持つ様になる。アフリカの楽器の他、ドラムセット、パーカッションから、ピアノ、ギター、バイオリンなども弾きこなす真のマルチミュージシャンとして、各方面から絶賛されている。

ユスフ・クンバッサ(ダンス)
ギニア共和国出身。ギニア伝統音楽界の大御所ダンサー。ギニア国立舞踏団バレエ・ジョリバでマスターダンサー、振付師をつとめ、現在、ダンス・コンフェレンス、滞在型ワークショップ、スクール・レッスンに特別講師として招かれ世界中を飛び回るかたわら、拠点とする米ニューヨークでは自身のダンスカンパニー『Les Ballets Bagata』を率いて活動する。7年ぶりの来日。
公式サイトhttp://www.slowdancingfilms.com/

更新:2014/7/17

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。