イヴニングサロンコンサート

イヴニングサロンコンサート

レクチャーコンサートに比べて、お話と時間を少し短くしたカジュアルでライトな感覚のコンサートです。もちろん博物館ならではの、普段はなかなか聴くチャンスがない世界の楽器と音楽を紹介します。

イヴニングサロンコンサート

開催予定

国内外のプロやアマチュアの演奏家、国内の大学生、国内の古楽コンクール入賞者などによる、およそ1時間のくつろぎのコンサートです。

イヴニングサロンコンサート
イヴニングサロンコンサート
イヴニングサロンコンサート
イヴニングサロンコンサート

過去のイヴニングサロンコンサートの一覧を見る

過去のイヴニングサロンコンサート

活動報告一覧を見る

2015年11月11日(水)「国際古楽コンクール〈山梨〉2015優勝者コンサート」

2015kogaku-houkoku1

2015kogaku-houkoku2

第28回国際古楽コンクール<山梨>2015の優勝者によるイヴニングサロンコンサートを開催しました。
今回の演奏会は、声楽部門で1位の佐藤裕希恵さん(ソプラノ)と滝井レオナルドさん(リュート・テオルボ)が二人で組んでいる、アンサンブル「ヴォックス・ポエティカ Vox Poetica」としてコンサートをして頂きました。

16~17世紀のルネサンス・バロック音楽を中心に、リュート族の仲間と声楽に焦点をあてた様々な国の作品や、ルネサンス時代にはじめて印刷された、いくつかの歴史的に重要な楽譜からも演奏されました。コンサートの幕開けでは、「来たれ、死よcome way,come way,death」という、日本初演の曲をお披露目していただきました。

前半のプログラムで使用されたリュートは、胴の形や後ろに折れ曲がったネックの形が日本の琵琶と似ている撥弦楽器で、1000年以上の歴史を持っています。琵琶と同じく古代ペルシャにあったバルバットという楽器が祖先であると考えられています。後半で演奏されたテオルボは、リュートと胴の部分は基本的に同じ形をしていますが、ネックが長いのが特徴で、低い音を担当するベースリュートから発展したものです。通奏低音として演奏するだけでなく、滝井さんの即興的な部分も魅力いっぱいに披露していただきました。

国や言語によって異なる曲の雰囲気の違いを、表情豊かな歌声とリュート、テオルボで見事に聴かせてくださり、お客様は熱心に聴き入っていました。

更新:2015/11/25

2015年1月17日(土)「ビルマの竪琴~サウン・ガウ~」

2014Saung-houkoku

2014Saung-dance

ミャンマーの弓型ハープ「サウン・ガウ」のコンサートを開催しました。
演奏はミャンマーの名手で現在東京藝術大学の音楽研究科博士課程に留学中のス・ザ・ザさん。

ミャンマー伝統曲と現代曲を歌のサン・サン・エイさんとともに披露してくださったほか、舞踊家のタン・ゾさんが鮮やかな衣装としなやかな踊りで会場を魅了しました。

最後は映画「ビルマの竪琴」で主人公が奏でる「埴生の宿」も演奏いただき、お客様が一緒に口ずさんで会場が一体となりました。

更新:2015/1/22

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。