イヴニングサロンコンサート 「第26回国際古楽コンクール《山梨》 入賞者コンサート」ああ、コーヒーって何とおいしいこと ソプラノとフラウト・トラヴェルソの愉しみ

詳細

日 時:2013年10月11日(金)7:00pm 開演
入場料:1500円(未就学のお子様は、入場をご遠慮頂いております。)
会 場:楽器博物館 天空ホール
チケット取り扱い:楽器博物館、アクトシティチケットセンター、浜松市文化振興財団オンラインショップ
問い合わせ・チケット予約:楽器博物館(053-451-1128)

プログラム(予定)

J.S.バッハ:
コーヒー・カンタータ(BWV 211)より〈ああ、コーヒーって何とおいしいこと〉
カンタータ(BWV 151)より〈甘き慰め、わがイエスは来ませり〉

G.F.ヘンデル:
オラトリオ《快活な人 沈思の人 温和な人》より ほか

出演

ソプラノ:岡村知由紀 第2位(声楽部門最高賞)
フラウト・トラヴェルソ:吉崎恭佳 第3位(旋律楽器部門最高賞)
チェンバロ:野澤知子(特別出演)

岡村知由紀 おかむらちゆき

高知大学大学院(音楽専修)修了。ドイツ・ブレーメン国立芸術大学古楽科修士課程に在籍。声楽を小原浄ニ、クヌート・ショッホ、ハリー・ファン・デア・カンプ、ペーター・コーイ各氏に師事。

現在北ドイツ放送合唱団、コレギウム・ヴォカーレ・ヘント、バッハ・コレギウム・ジャパン等のメンバーとして活動。ソリストとして、ヘンデルのオラトリオ《アレキサンダーの饗宴》(2009)、フォーレの《レクイエム》(2011)等のCDをリリース。すでにヨーロッパ各地、日本でソリスト、アンサンブルのメンバーとして活躍。

第26回国際古楽コンクール〈山梨〉応募部門:声楽で、第2位(最高賞)を受賞

吉崎恭佳 よしざきやすか

桐朋学園大学研究科(古楽器専攻)に在籍し、フラウト・トラヴェルソを有田正広に師事。これまでにモダンフルートを中山あかね、飯島和久、白尾彰の各氏、室内楽を有田正広、一戸敦の各氏に師事。

第26回国際古楽コンクール〈山梨〉応募部門:バロック時代の旋律楽器で第3位(最高賞)を受賞。

更新:2014/7/18

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。