2016年3月4日(金)「Spice of Finnish Trad. ~カンテレ“女子”カルテット~」

2015kantele-houkoku

フィンランドから女性4人のグループ「カルデミンミット」の皆さんをお招きして、レクチャーコンサート「カンテレ“女子”カルテット」を開催しました。

カンテレは、フィンランドの民俗叙事詩「カレワラ」にも登場し、長い歴史を持っているとされている伝統楽器です。中型の15弦のカンテレの音色は軽やかで、大型の38弦のカンテレは温かみのある低音がとても印象的でした。
結成当時から演奏している曲を含め、たくさんの曲を演奏していただきました。
カルデミンミットは若い女性4人のグループですが、10年以上同じメンバーで演奏してきたグループです。4人の息のあった演奏と歌声のハーモニーはとても心地よく、そしてマイクを通さない歌声からは、力強さや繊細さをダイレクトに感じることができました。

カンテレの音色と歌声の余韻がいつまでも心に残るような素敵なコンサートでした。

更新:2016/3/26

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。