2015年3月4日(水)講座:フォルテピアノとその時代[1]プロローグ「シューベルトの夢」

piano-kouza2014-houkoku

講座「フォルテピアノとその時代」(全2回)の第1回を開催し、講師に筒井はる香さんをお迎えしました。

今回のテーマは「シューベルトの夢」。シューベルトの歌曲「冬の旅」について取り上げました。W.ミュラーによって書かれた詩には「夢」についての描写が多く見られます。シューベルトがその「夢」にどのような音楽をつけたのかということをフォルテピアノを通して考えていきました。また、当館所蔵の楽器を実際に演奏していただき、シューベルトの生きた時代のフォルテピアノがどのような存在だったのかについても紹介いただきました。
3月11日(水)のレクチャーコンサート「冬の旅」に先駆けて行われ、より楽曲理解の深まる講座となりました。

更新:2015/3/14

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。