2015年2月14日(土)子どものための楽器体験ワークショップ「ポルトガルのタンバリン“アデュフェ”を作って演奏しよう!」

adufe2014-houkoku-1

adufe2014-houkoku-2

adufe2014-houkoku-3

田島隆さんによる「ポルトガルのタンバリン“アデュフェ”を作って演奏しよう!」を開催しました。田島さんは日本で唯一のタンバリン専門の演奏家で、世界中のタンバリンを演奏する“タンバリン博士”です。

田島さんからお話の後、さっそく製作開始。木の枠を組んで、フィルムの革を張り、中にカラフルなビーズや鈴など好きなものを入れます。ドライヤーの熱でピンと張った革に思い思いの絵を描いて、枠をテープで飾ったら完成。19人それぞれ全く違うデザインの個性あふれるアデュフェが完成しました。

ワークショップの最後は、完成した楽器を使って合奏しました。叩く場所が中心と端では音が違ったり、縦に振ったり横に振ったりして音を出すこともできます。3つのグループに分かれ、それぞれ違う鳴らし方で演奏してみると、同じ楽器から様々な音が聴こえてきてとても迫力のある大合奏になりました。

更新:2015/3/4

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。