2014年9月21日(日)「モンゴルの喉歌ホーミー入門」

2014Khoomii

モンゴルの音楽として有名なホーミーのワークショップを開催しました。

ホーミーとは楽器ではなく、モンゴル国のアルタイ山脈あたりに伝わる喉を使う歌唱法のことです。一人の歌い手が同時に倍音という効果で二つの声を出すという不思議な歌い方です。今回は、ホーミーの中で基本となる「ショローン、ハラガー、ヒスクルー」の3つの発声方法を教わりました。まずは、「メェ~」というヤギの鳴きまねをすると上達するようです。福井則之先生によって馬頭琴の演奏を交えながら、初心者にもわかりやすく指導をしていただきました。

2時間という短い時間でしたが、参加者の方の歌声が広い草原に響き渡るようなホーミーに近づいていくのを感じました。

更新:2014/9/26

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。