2014年10月20日(月)「楽器の中の聖と俗 第61回太鼓が響くスリランカ(2)呪術師たちの仮面舞踊」

2014seitozoku-61

当館の名誉館長で、大阪音楽大学名誉教授の西岡信雄先生による講座「楽器の中の聖と俗」今年度1回目を開催しました。

呪術とはなにかというお話の後、今回のテーマであるスリランカの呪術の映像を見ながら、呪術師の役割と呪術儀礼の舞踊で使われる仮面や太鼓についてお話くださいました。また村の祭りでの呪術の映像では、トランス状態に陥っていく様子が映されていて衝撃的でした。

先生が現地で取材した貴重な映像とお話で、講座終了後も受講者の方から質問が出るほど興味深い講座となりました。

更新:2014/11/2

浜松市楽器博物館Webページの著作権は、すべて浜松市楽器博物館にあります。許可なく、複製・改変および無断転載・複写等を禁じます。